蜂の巣駆除EMARGENCY!専門業者なら安心・安全

kill insects

注意が必須の相手

小さくて、どう猛!

Agent pesticides

スズメバチ属の一種にキイロスズメバチがあります。属性の中で最も体長は小さく、働き蜂で最大24ミリ、女王蜂でも最大28ミリの大きさです。体は小さいですが、とても大きな巣をつくります。
小さな蜂ですが、凶暴さは種属中最も高いです。巣の近くを通っただけで刺されることも珍しくなく、日本国内で蜂に刺された場合の種類では、このキイロスズメバチによるものが最も多いです。
被害が多いというのも、キイロスズメバチの特徴に、果実や人間の飲み残しを食べ、昆虫、クモやカエルなどの死体も食糧にしてしまうといった食性が、生命力の強さにつながっているのです。
また、キイロスズメバチは都会に最も適した生体をしており、日本全国どこでも生き延びてしまうのです。

取り扱い要注意

そんなキイロスズメバチを見つけたら、取り扱いには特に注意しましょう。
巣の近くで一匹の蜂に刺されたら、同じ巣に住む他の蜂たちの攻撃性を一気に高めてしまう場合があり、とても危険です。
安易に近づかず、この種の巣を見つけたら直ぐに専門業者に駆除を依頼しましょう。

突然現れる蜂の巣

キイロスズメバチの特徴に、巣を引越しさせることも挙げられます。
女王蜂一匹が小さな巣を作って働きバチを増やし、組織が大きくなってきたころに、さらに適した環境を見つけて、一気に巣をつくってしまうのです。
そのため、少し前には何もなかったところに、突然大きな蜂の巣が出来ている…というケースもありえます。
とにかく生命力が強く、どう猛なキイロスズメバチを見つけたら、出来る限り近づかず、早急に駆除しましょう。

Copyright © 2015 蜂の巣駆除EMARGENCY!専門業者なら安心・安全 All Rights Reserved.